▲よくある質問 ▲サイトマップ
施設案内 営業案内・アクセス イルカ・クジラショー ふれあい体験 博物館本館 学校用プログラム
  イラストマップ
※場所をクリックすると詳細画面に移動します。
   イルカショープール
当館自慢のスピーディーなイルカショーをお楽しみください。ショーの後は、気軽に参加できるイルカにタッチや、トレーナー気分を味わえるイルカのトレーナー体験はいかがでしょう。

【であえる動物】
バンドウイルカ
カマイルカ
   シロナガスクジラ全身骨格標本
世界で最も大きい動物「シロナガスクジラ」の全身骨格です。2005年に展示を開始した強化プラスチック製の原寸大標本です。
原骨格は1880年にノルウェーで捕獲された体長26mのメスのもので、2000年に共同研究のために日本に輸送され、現在は下関市しものせき水族館「海響館」で展示されています。
   資料館
クジラショーエリア前の建物で、鯨に関する資料の展示を行っています。
現在は、腹びれのあるバンドウイルカ「はるか」展が開催されています。
「はるか」は、2006年10月から2013年4月にくじらの博物館で飼育されたメスのバンドウイルカです。 下腹部に、退化した後肢が先祖返りしたと考えられる一対のひれがあり、学術的に貴重なものとして注目されました。

・『腹びれのあるバンドウイルカ「はるか」』パンフレット 
   クジラショーエリア
自然の入江を仕切って作られた自然プール(50m×210m 11,815u)の一角にあります。美しい自然を背景に、世界でも珍しいゴンドウクジラだけのショーをお楽しみいただけます。
カヤックアドベンチャー、ふれあいスイムでは、その大きさを間近に体感していただけます。
【であえる動物】
コビレゴンドウ
オキゴンドウ
ハナゴンドウ
   ふれあい桟橋
自然プールの中ほどに位置する桟橋です。ふれあいの海を泳ぐクジラたちを目の前に観察する事ができます。
餌あげ体験、カヤックアドベンチャー、ビーチでふれあいの受付はふれあい桟橋前の受付にて承ります。

・「白いハナゴンドウについて」 

【であえる動物】
ハナゴンドウ
バンドウイルカ
   海洋水族館 マリナリュウム
マリナリュウムは1971年にオープンした水族館施設です。
大水槽は16.3m×12.0mのだ円形で、深さ5.0m、水量は620t。現在は小型のイルカ、マダライルカとスジイルカ、アルビノのバンドウイルカが飼育されています。マダライルカとスジイルカは、飼育が難しく水族館ではあまり見ることができない種類です。中でもスジイルカに出会えるのは世界でここだけです。
このほかにも、29個のガラス水槽で、太地周辺で採捕された魚類や甲殻類、クラゲなどをご覧いただけます。

・「アルビノのバンドウイルカについて」 

【であえる動物】
スジイルカ
マダライルカ
バンドウイルカ

マアジ
イサキ
ミズクラゲ など およそ100種1,000点
※ご覧頂ける水族は季節や動物状況によって異なります
   ふれあいの浜
太平洋と美しい岩山を背景としたビーチでクジラとの感動のふれあい体験ができます。イベントへの参加は、桟橋の入り口にある受付にて申し込めます。

・施設案内 ・営業案内・アクセス ・イルカ・クジラショー ・ふれあい体験 ・博物館本館
・学校用プログラム ・お得な情報 ・動物の取扱 ・サイトポリシー ・サイトマップ

〒649-5171 和歌山県東牟婁郡太地町太地2934-2 太地町立くじらの博物館
TEL:0735-59-2400 FAX:0735-59-3823
Copyright (C) 太地町立くじらの博物館. All Rights Reserved.