▲よくある質問 ▲サイトマップ
施設案内 営業案内・アクセス イルカ・クジラショー ふれあい体験 博物館本館 学校用プログラム
・博物館本館
・本館3階
・本館2階
・本館1階
  博物館本館2階

【生物学的にみたクジラ】
世界の海に80種類以上いるといわれるクジラたち。哺乳類でありながら、水中生活を行うクジラの生態はいまだ多くの謎に包まれています。本館2階には、骨格標本や液浸標本などクジラの生態に関する様々な資料を展示しています。
   セミクジラ実物大模型
大ホールに吊り下げているセミクジラの全身骨格標本の元となったクジラの模型です。実際に頭部と胸びれ、尾びれから型を取り、グラスファイバーで作られた全国でも珍しい等身大模型です。
   クロミンククジラ頭部模型
クロミンククジラの頭部模型には、実物のヒゲ板がついているのでヒゲクジラの口の中の構造がよく観察できます。展示室には、ハクジラの歯、ヒゲクジラのヒゲ板、さらにそれぞれのクジラの仲間のエサ生物などが展示され、ハクジラとヒゲクジラのちがいを紹介しています。
   鯨類全身骨格標本
カマイルカ、スジイルカ、スナメリなど熊野灘でよく見られる身近なクジラからインドカワイルカのような希少なクジラまで様々な種類の鯨類全身骨格標本を展示しています。
   パキケタス(レプリカ)
最も初期のクジラとされる動物。イヌのような4本の足を持ちますが、骨が重く長時間の歩行はできなかったと考えられています。展示室には、生態復元模型や骨格標本などが展示され、鯨類の進化の道筋を紹介しています。
   休憩室
館内での飲食にご利用ください。

・施設案内 ・営業案内・アクセス ・イルカ・クジラショー ・ふれあい体験 ・博物館本館
・学校用プログラム ・お得な情報 ・動物の取扱 ・サイトポリシー ・サイトマップ

〒649-5171 和歌山県東牟婁郡太地町太地2934-2 太地町立くじらの博物館
TEL:0735-59-2400 FAX:0735-59-3823
Copyright (C) 太地町立くじらの博物館. All Rights Reserved.