>>イラストマップ
 ・博物館展示案内
  ・博物館本館1階
  ・博物館本館2階
  ・博物館本館3階
 ・イルカショープール
 ・クジラショーエリア
 
 ・ふれあい桟橋
 ・ふれあいの浜
 ・海洋水族館
 ・捕鯨船資料館
 >>ショー・イベントスケジュール
 >>博物館のクジラたち
太地町立くじらの博物館
〒649−5171
和歌山県東牟婁郡
  太地町太地2934−2
電話:0735−59−2400
FAX:0735−59−3823
博物館本館2階
 展示内容紹介

  
セミクジラ実物大模型
大ホールに吊り下げているセミクジラの全身骨格標本の元となったクジラの模型です。実際に頭部と胸びれ、尾びれから型を取り、グラスファイバーで作られた全国でも珍しい等身大模型です。
セミクジラの内臓(液浸標本)
大ホールに吊り下げているセミクジラの内臓を展示しています。各部分の大きさからクジラの迫力を感じたり、陸から海へと進出した鯨類ならではの不思議な内臓の構造を観察できます。
鯨類全身骨格標本(実物)
カマイルカ、スジイルカ、スナメリなど熊野灘でよく見られる身近なクジラからガンジスカワイルカのような希少なクジラまで様々な種類の鯨類全身骨格標本を展示しています。
ハクジラとヒゲクジラのちがい
ハクジラの歯、ヒゲクジラのヒゲ板、それぞれのクジラの仲間のエサ生物などを展示し、ハクジラとヒゲクジラのちがいを紹介しています。クロミンククジラの頭部模型には、実物のヒゲ板がついているのでヒゲクジラの口の中の構造がよく観察できます。
クジラの年齢査定
ハクジラの歯(断面)とヒゲクジラの耳垢を展示し、どのようにして年齢を査定するのかを紹介しています。
休憩室
館内での飲食にご利用ください。
<< このページのトップへ戻る
 
Copyright @ Taiji whale museum&aquarium.jp . All Rights Reserver